彼女作り方完全講座。大学生、高校生、社会人30代と項目別で網羅

『彼女が欲しいけど作り方がわからない』そんな男性は意外と多いようです。

フレンドリーな欧米だとカフェやスポーツジムなんかでカジュアルに声をかけただけで真剣な恋愛に発展することもあるようですが、日本でそれは難易度が高すぎる……日本には日本流の出会い方と距離の詰め方があります。

今回は彼女が欲しい方に向けて、社会人~中学生まで!立場別に彼女の作り方を解説します。

彼女作り方完全講座。大学生、高校生、社会人30代と項目別で網羅

彼女作り方完全講座。大学生、高校生、社会人30代と項目別で網羅

彼女を作りたいとき、難易度が低いのは20代の社会人&大学生です。
30代の社会人は『女子大生がいいな~』『超可愛い子がいい』という場合は難易度が大幅に上がりますが、同年代で探せばまだまだ彼女は作りやすいです。

高校生は学校の雰囲気次第で校内にチャンスあり。バイト先なんかも彼女ができやすい場所です。

中学生は思春期真っただ中なので、彼女ができたら『あいつら付き合ったらしいよ~』的な噂の広まりや、彼女の容姿次第で周りに何か言われないかとても気になってしまう難しい世代です。校内で彼女を作るのに照れを感じるなら、習い事を中心に探すのがおすすめです。

下記ではそれぞれの立場別に、彼女の作り方を詳しく確認していきましょう!

彼女の作り方『20代』の社会人なら合コン、街コン、クラブ、Barなど

彼女の作り方『20代』の社会人なら合コン、街コン、クラブ、Barなど

20代で彼女を作りたいならめちゃくちゃチャンスがあります。

◆20代の出会いの場◆

  • 合コン(同僚、学生時代の友達繋がりの合コンが無難)
  • 街コン(20代向けを選択)
  • 出会いパーティー&婚活パーティ
  • 相席居酒屋(オフィス街だとOLに出会いやすい)
  • クラブ(年下彼女が欲しい方向け)
  • Bar(おしゃれで落ち着いているBarだと真剣な出会いに発展のチャンスもあり)
  • マッチングアプリ
  • ナンパ(難易度は高いものの、好みの相手に声をかけられる)
  • 習い事やセミナーなどの勉強の場(真面目な彼女ができるチャンスあり)

定番なのは合コンと街コンです。
これはセッティングできる友達がいるかどうかによって、取り入れやすいかどうかは変わります。

『そんな友達いねーよ!』ということであれば、1人で参加できる気軽な出会いパーティー、婚活も視野に入れているなら婚活パーティーがおすすめです。
相手も出会う気満々で来ているので、チャンスがあります。

クラブやBarは派手な女の子や、明るくて刺激的な女の子が好みならおすすめです。また女子大生も多いので、年下狙いの方はとりあえず行ってみるのもありです。

もっと今時の主流に合わせるなら、マッチングアプリは効率が良いです。
マッチングアプリはクラブやBarに足繫く通うよりももっとリーズナブルに出会えるチャンスがあるうえに、探せる女の子の数もとても多いです。
ペア―ズの評判と口コミ。pairsの評判が悪評なのは本当か?
マッチングしてメッセージをやり取りするというワンクッションあるので、脈がなさそうな相手におごらされてしまうこともなし。とても便利です。

真面目な女性にこだわりたいなら、習い事やセミナーなどの勉強の場も出会いのチャンスです。
料理教室や英会話は同じクラスの女性と出会うチャンスあり。仮に同じクラスの相手に興味が持てなくても、友達になれば紹介などをしてくれるかも。

またヨガは女性が多くスポーツジムよりは会話をしやすいです。(みんなで同時にレッスンを受けるので)

資格のセミナーや、カルチャーセンターの教養講座も真面目でウブな女性と出会えるチャンスが出てきます。

この投稿をInstagramで見る

 

あけましておめでとうございます㊗️ 去年は大変お世話になりました🙇 去年を思い出すと今の会社に入って沢山の出会いがありました(*´꒳`*) 今年はもっともっと沢山の出会いがありますように♫ 今年はもっと成長して自分のキャラを出して行きます! 今日はお休みを頂いてますが焼肉亀田は元気に営業します! こんな自分ですが今年もよろしくお願いします(๑・̑◡・̑๑) #焼肉 #南船場 #焼肉亀田 #晩飯セット #ひとり焼肉 #北堀江 #八百屋とごはんしみず #健康定食 #備長炭やきとりみやがわ たまに働いてます(*´꒳`*) #道頓堀 #グリコ #アメ村 #ちゃんぽん #嫁はん探してます 今年こそは……。 #彼女作ります なんの宣言やねん #人は見た目じゃない #自信持ちます #必死のパッチ #ものまね #いいね嬉しいです😊

harada shinyaさん(@shinyaaaaaaaaaaaa.h)がシェアした投稿 –

20代はとにかく出会いの宝庫です。
30代になると、『この人結婚を意識しているのかしら?』と相手の女性も『自分と目的や結婚観が合う相手』にこだわる傾向が出てきて、気軽な交際スタートのチャンスが減ります。

しかし20代はイケイケでいられます。

とにかく彼女が欲しいなら、20代で行動しないなんて超もったいないです。永遠に20代でいられる人間など存在しないので、すぐに行動するべしです。

1対1の出会いの場合『どう話しかければいいか分からない』という方もいるかもしれませんが、あたりさわりない話で大丈夫です。

『寒いですね』『暑いですね』とかでも、大丈夫。
相性が良ければそれでも会話は何とかなるもの。もし会話が何ともならなければそもそも相性がそんなに良くない異性なので、アプローチしても仕方ないくらいに考えましょう。

習い事はレッスン内容から共通の話題を作れるので、その点口下手な方には意外にメリットが多いです。

あとはどの世代にも共通して言えることですが清潔感が大切です。
髪型のチェック、よれよれの服は着ない、歯磨きをきちんとする(場合によっては口臭ケアもする)、鼻毛チェックなどは、女性と会う前に必ず対応しましょう。

『30代』社会人の彼女の作り方!婚活パーティ、Bar、紹介など

『30代』社会人の彼女の作り方!婚活パーティ、Bar、紹介など

30代になると気持ち的に『年下の女の子がイイ』みたいに欲が出やすくなりますが、女子大生~20代前半女子と付き合うには努力が必要になってきます。

しかし同年代と付き合いたいならチャンスはまだまだたくさんあります!

◆30代の出会いの場◆

  • 合コン
  • 街コン(30代限定などが狙い目)
  • 婚活パーティーや結婚相談所
  • 相席居酒屋
  • クラブ(30代もいるクラブを狙うのがベスト)
  • Bar(会員制や少し値の張るところのほうがいい)
  • マッチングアプリ
  • ナンパ
  • 習い事やセミナーなどの勉強の場

ということで20代の場合とあまり変わりませんが、30代の場合は『30代向け』を選択したほうが効率良く彼女作りをしやすいです。

街コンや婚活パーティーは『30代限定』というものもあります。
また『年下彼女』を作りたい方に向けて、男性は30代、女性は20代という年齢制限がついたコンセプトの街コンや婚活パーティーもあります。

30代になると、クラブのように若者中心の賑やかな場所での出会いがだんだんと難しくなるので、街コン、婚活パーティー、結婚相談所、マッチングアプリに重点を置くのがおすすめです。

特にこだわりがないなら、同年代(年齢プラスマイナス4歳以内の範囲)で探したほうが、彼女ができる確率は上がりやすいです。
あとは30代になると結婚を意識している女性も多いので、結婚を考えておらずカジュアルに付き合える彼女が欲しいなら、先に結婚観を伝えておかないと、後々相手が怒る可能性もあります。

結婚観については交際前くらいに伝えておき、相性が良い相手と付き合うのが◎です。

30代はマッチングアプリでモテます。
20代より落ち着いているのが魅力的と考える女性が多いです。

ということで実際にLINEでやり取りしたり、デートをしたりするときには落ち着いた聞き上手に徹するのがベストです。
30代半ば以上は絵文字を多用しないで、丁寧な感じにするのが無難です。

30代半ば以上になるとついつい、若々しさを演出したくなりますが、30代の渋みや大人感を大切にして女の子と接したほうが良いでしょう。

ちなみに彼女いない歴=年齢の30代は、結婚相談所のほうが合っています。
結婚相談所のコンシェルジュに、恥ずかしがらずにそのことを伝えましょう。相性が良さそうな真面目そうな女性を紹介してくれます。
シャイな方は結婚相談所のほうが出会いの場として使いやすいと感じるようです。

30代で彼女を作りたいなら、聞き上手で落ち着いた感じが大切です。

あとは恋愛観が似ている相手のほうがじっくり付き合いやすいので、よくコミュニケーションを取って距離を詰めましょう。
20代の頃は勢いやノリで恋愛に発展してもまだ大丈夫感がありますが、30代だとお互いを尊重し合う落ち着きも大切になってきます。

彼女の作り方『大学生』!サークル、合コン、相席居酒屋も◎

彼女の作り方『大学生』!サークル、合コン、相席居酒屋も◎

大学生の場合のキーワードは、重すぎず、チャラすぎずです。

◆大学生の場合の出会い方◆

  • 学校内(授業が同じなどの状況から会話の数を増やし、ごはんや飲みや映画に誘う)
  • バイト先(バイト中や休憩時間中の世間話から連絡先を交換して距離を詰める)
  • サークルのメンバーと少しずつ仲良くなる
  • 合コン(サークルの繋がり、バイト先の繋がりをきっかけに)
  • 相席居酒屋(若者が多い街だと女子大生多し!年上を狙いたいときにも◎)
  • マッチングアプリ(大学生の出会いでも珍しくなくなっている)

大学生の場合は『学校関係』『バイト関係』の出会いが主流です。

クラブやBarでも出会えますが、女子大生と男子大学生のクラブやBarでの出会いはなぜかあまり本格的な恋愛に発展しない傾向です。
クラブやBarの女子大生は異性に慣れているので、すでに相手がいるケースや、年上を求めているケースも考えられます。
大学生の彼女作り視点で見た場合、クラブやBarはあんまり出会いの場向きではなくなります。

無難なのは授業が同じ、サークルが同じで友達から発展。友達をきっかけに合コン。
バイト先で他の大学の子やフリーターの子と出会い仲良くなって交際にという感じです。

ポイントは友達も異性として見ることです。

友達を異性として見ていない方もいるかもしれませんが、いつも気軽に友達と集まれる、一緒に居られるのは大学生までです。
社会人になると友達と会える時間はグッと減ります。

行動を共にできるというのは社会人になってから見ると、とても良い環境です。
友達としか見ていない相手を、より深く知って好意を持てたら2人だけで遊びに行って少しずつ関係を発展させていくのもありです。

大学生というのは社会人になると持てない時間を有しています。

社会人になると友達と気軽に会いづらくなっていくケースが多いですが、大学生なら友達とつるみやすいです。
『出会いがない』的なことを考えているなら、まずは友達女子に注目しましょう。

そもそも友達なんていないとか、女として見れないということであれば、マッチングアプリがおすすめです。
マッチングアプリに登録している女子大生はたくさんいるので、他の大学の彼女を作るチャンスが出てきます。

彼女の作り方『高校生』!部活、委員会、文化祭や体育祭での交流

彼女の作り方『高校生』!部活、委員会、文化祭や体育祭での交流

高校生が彼女を作るには、同じクラス、同じグループ、部活、委員会、文化祭や体育祭での交流が重要になります。

高校生は同じクラス(もしくは同級生)の相手と交際するケースがとても多いです。
きっかけは友達として会話しているうちにだったり、同じ部活で打ち上げなどをきっかけにしたり、委員会や文化祭や体育祭で一緒に準備して距離が縮まったりすること。

大学生や社会人と違い、高校生の場合は活動範囲外での出会いはあまり期待できません。
高校生ではマッチングアプリを利用できません。クラブやBarもダメです。ナンパくらいならいけるかもしれませんがハードルは高いです。

高校生のうちはだいたい校内か、塾などの習い事繋がり、バイトをしているならバイト先での出会いを重視し、『いいな』と思える相手がいたら少しずつ会話量を増やしましょう。

1対1での遊びに誘うのもありですが、シャイな方や1対1はOKしてくれなさそうだと感じた場合はグループで、自分の友達に声をかけるから、相手にも友達を呼んでもらう~というのが自然です。

1対1だと来てくれないとしても、グループならOKしてくれる可能性が高まります。
自分側の友達に相談して協力してもらい、2人でいる時間を作ったり会話量を増やしたり地道に距離を縮めましょう。

高校生はLINE世代なので実際の会話は恥ずかしくてもLINEならとにかく会話が弾むというケースもあるかと思います。まずはLINEからでも良いですが、LINEだけで好きになる層は少ないので、話が弾んだら『電話をしてもいい?』と聞いて、言葉を交わす時間を作ると効果的です。

◆高校生の関係構築は、とにかくコミュニケーション◆

  • 喋る機会を増やす
  • LINEで連絡を取り合う(ただし、LINEだけに頼ったコミュニケーションでいきなり告白はしない)
  • 1対1だとデートできそうにない場合は臨機応変にグループデートで、とにかくコミュニケーション機会を増やす

高校生の段階で恋愛テクが豊富で、恋愛なら任せておけという方は少ないです。
高校生は経験を積んでいる段階です。恋愛の本場は20代~ということで、大切なのは上手くいかなくても経験を次に活かすと考えること。

過剰に落ち込まないこと。
LINEだと気軽でも、しつこく連絡しすぎないこと。

そして意外と大切なのが不必要に他人に恋心や関係の進捗状況を話さないことです。
噂が広まるのを極端に嫌がる方というのもいます。

大人になるとだいたい恋愛についてはあまり喋らなくなりますが、高校生だとFacebookやSNSでついつい語ってしまうケースがありますが、攻めている最中は、信用できる友達にだけ話しましょう。

彼女の作り方『中学生』!塾や習い事で出会うのもあり

彼女の作り方『中学生』!塾や習い事で出会うのもあり

中学生の場合も、高校生と同じように校内での出会いからの恋愛発展が基本です。

同じクラス、同じ部活、同じ委員会など。
あとは友達経由で別の学校の子を紹介してもらうというのも、中学生で恋愛に積極的な方は取り入れている方法らしいです。

中学生の場合、互いの活動範囲(共通の知り合いなど)がだいぶ被っていることが多いので、あまり色々な相手にアピールするよりは気になる相手にじっくりアピールするほうが安心です。
中学生世代はけっこう噂が広まりやすいので、誠実に対応するのがベストです。

会話とLINEでコミュニケーションを取り、距離を少しずつ縮めてから、デートに誘うorグループでの遊びに誘い良い感じの関係性を築いていき、告白というのが王道スタイルです。

中学生の場合、ついつい周りの目が気になって告白とかも堂々とできないというケースはあるかもしれません。恥ずかしいときは、あえて学校の外での出会いに目を向けてみるのもありです。

習い事や、小学校時代の友達(別の中学校に進学した相手)経由で探してみたり、別の中学校で友達を作ったり(部活や習い事や親せき経由)学校以外の交友関係を築き、そこから紹介してもらうというのもありです。

労力は必要になりますが、出会いの幅が広がると良い勉強になります。
高校進学したときに別の学校の人脈があると、楽しくなる可能性もあります。

この投稿をInstagramで見る

 

昨晩、眠かったけど最後まで観た#耳をすませば | やっぱり面白くて、きゅんきゅんする所もあって、好きなんだよな~( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )♡ | 描写もいつ見ても綺麗…‪✧‬ 感動する❀ ラストシーンの朝日なんて最高かよ!ってなる(*´艸`*)ww | 3枚目、いつも笑っちゃう好きなシーンw 最後は#バロンと雫 のツーショットにしました( *´﹀`* ) バロンかっこいい。雫かわいい。 | #ジブリ はやっぱり好き。 | #金曜ロードショー #冬もジブリ #ジブリ作品 #みみすま #雫と聖司 #バロンとルイーゼ #ムーンの後ろ姿 #中学生恋愛 #青春 #青春アニメ #ジブリ好き

Peachさん(@peach3307)がシェアした投稿 –

中学生の場合、どのような出会い方でも基本的には友達ノリからが無難です。

若気の至りでナンパなどを繰り返したりSNS経由で他の中学生にアプローチしたりすると、そのときはよくても成人したくらいの頃には黒歴史になる可能性もあります。本当です。

友達ノリから少しずつステップアップする清い交際を目指しましょう。

個性を出した彼女の作り方がグッド

個性を出した彼女の作り方がグッド

彼女の作り方に、正直なところ絶対的な正解はありません。

Aさんが使ってダメだった方法で、Bさんは彼女を作れたというケースもあればその逆もしかりです。
個人の性格や雰囲気、そして相手の女の子によっても変わってきてしまいます。

ということでここまでご紹介した内容はあくまでも王道系の出会い方と発展させ方です。

王道ではなく個性を出して、例えばロマンチック路線で攻めて口説き落とすとかも、難易度は高いですが方法としてはありです。

あとはどのような方法だとしても、とにかくネガティブにならないようにしましょう。
何度断られたとしても、女性はたくさんいます。へこたれない前向きさはオーラとなり、それがまた『自信のある男性ってかっこいい』という評価に転じる可能性があります。

そして出会いの数を増やしましょう。10人にアプローチして1回も上手くいかなかったとしても、100人にアプローチすれば何人も上手くいく可能性があります。

女性から見た理想的なシチュエーションを目指そう

女性から見た理想的なシチュエーションを目指そう

女性から見た理想的なシチュエーションは下心感なしのデートを重ねて、交際に発展する感じです。

細かい好みは女性によりバラバラですが、基本的にロマンチックな雰囲気のあるレストランでディナーを楽しみ、その場で告白されたり、帰り道で散歩しながら告白されたり、おしゃれなBarでのデートで告白されたりすると喜ばれやすいです。

付き合うまでのデート回数は3回が無難です。

元々友達だったところから恋愛対象になった場合は3回以内というのは難しいですが、異性として出会った場合(マッチングアプリ、合コン、クラブなど)は3回以内が無難。

女子会で挙がりやすい会話に『もう3回デートしたのにアプローチがない』というものです。
その場合、大抵の女友達は『その人、あなたのこと友達としかみてないんじゃない?』とアドバイスします。

男性の中には、本当に純粋に友達認識でありながら2人きりの食事の回数を重ねるタイプがたくさんいます。
女性もそれはわかっているので、その気になっている場合は『脈ありなのかなしなのかはっきりしてよ』不満を感じやすくなってしまいます。

出会い方、当初の関係性によっては回数を追加する臨機応変さが必要にはなりますが、だいたい3回目での告白が目安になります。

女性から見た理想の男性像

女性から見た理想の男性像

女性から見た理想の男性像はだいたい下記のような感じです。

◆理想の男性像◆

  • 清潔感がある
  • 仕事に誇りを持っている
  • 気遣いができる
  • 礼儀正しく尊敬できる
  • 話しやすい&聞き上手
  • 女性の容姿によって態度を変えない&店員など弱い立場に対して威圧的な態度をしない

清潔感というのは、毎日風呂に入っていれば得られるというものではありません。
よれていない服装、ボサボサではない髪型、鼻毛は出ていない目やにはついていない、体臭がしすぎないというのは前提です。毎日風呂に入っていなかったとしてもこれが完璧なら清潔感があるように見えてしまうものです。

女性は深い関係になった後に男性から仕事の愚痴を聞かされた場合は、自分を信用してくれていると感じますが、付き合う前の段階から愚痴っぽいと、恋愛対象に見られなくなる可能性大です(一部のS要素が強い女性を除く)

そして好みに関わらず、だいたいどんな女性も共通して『理想』として挙げるのが、気遣いをしてくれて、礼儀正しく尊敬でき、聞き上手な相手です。

あとは、女子会で『嫌な』男性としてよく挙げられるのは『自分より弱い立場の相手に偉そうにする男性』です。
レストランの店員に威圧的だったり、部下に偉そうに喋っていたり、相手によって態度を変える男性はほとんどの女性が嫌がります。

このような女性の理想と、そうではない要素を総合判断した結果、見えてくるのは『爽やかで誠実な男性』ということではないでしょうか。

意外にもイケメンが良いと考えている女性は少なく、むしろイケメンが嫌い、苦手という女性もたくさんいます。
今彼女を探しているという男性で『外見に自信がないから行動できない』という方は、女性は決してイケメン好きではないことを、女性の脳を理解しましょう。

イケメンかどうかより清潔感が大切です。

彼女になりにくい出会い

彼女になりにくい出会い

せっかく出会っても恋愛に発展しづらいのが『クラブ』での出会いです。

クラブに来ている女の子で真剣に彼氏を探している層は極端に少ないです。
男性側もクラブに来ている女の子に『遊んでそう』というイメージを抱くケースが多いですが、反対に女の子側も『遊んでそう』というイメージを抱くケースが多いです。

実際遊び目的で来ている男女は多いです。

『クラブでワンナイト』的な言葉は珍しくありません。
どちらかというとワンナイトに強い出会い方です。

女性は肉体関係を持つと、相手を好きになる説がありますが、クラブでワンナイトに慣れているタイプはそうでもありません。
親近感は持ってもあっさりと帰ってしまい連絡もしてくれない女の子や、ブロックされるケースも……。

クラブは超可愛い女の子と出会える可能性もあり、恋愛に発展すれば超美味しい出会いではありますが、彼女を作りたいなら先に肉体関係を持たずに、クラブを抜け出して居酒屋に行き、それだけで解散するくらいのやり方(手を出さないで次回もデートに誘う)をしましょう。

複数の出会いを作ろう

彼女を作りたいなら、1人だけにアプローチして、それがダメなら次の人……というやり方をしなくても大丈夫です。

同時進行でアプローチするのも全然ありです。
実際に彼女ができたら、そこからは1人に絞らないといけませんが、それまではアプローチする相手を増やし確率を高めるのもありです。

複数の女の子にアプローチすると、精神的に余裕も出やすくなります。
ただし特定の1人を超好きという場合はこのやり方はその相手にバレて逃す可能性が出てくるので、臨機応変に対応しましょう。

話を聞く立場であろう

芸人のように話し上手で面白い男性もモテますが、彼女を作りたいなら通常は聞き上手でいるように心掛けましょう。

そのときに『うんうん』と言うと聞き流している印象になる可能性があるので、『そうなんだ』『そうなの?』『凄いね』『本当に?』など、相槌も複数用意しておくと良いでしょう。

相手が言ったことを疑問形で聞き返すのも、会話に困ったときに役立つ方法です。

連絡先の聞きだし方

連絡先の聞きだし方

女の子の連絡先の聞き出し方は状況によりバラバラです。

◆合コンで出会った相手の場合◆

合コンでの出会いなら1人だけに聞くと感じが悪いかもしれないので『みんなでLINEグループを作ろうよ』みたいな感じで、全員でLINEにのグループに参加しましょう。
そして後から個別に連絡すればOK
『今日は楽しかったですね。もしよかったら今後食事に行きませんか?』という感じ。

相手が返信してきたら、『次の週末空いてますか?』など早急に約束を固めるのがおすすめです。そうしないと、合コンで盛り上がった恋愛したい熱が冷める可能性があります。

そこで『忙しくて……』とだけ返されたら脈なしの可能性があるので、しばらく期間をあけて、それでも興味があったら再度誘うのが◎
だいたい女の子側は脈があるときは『忙しくて……その次の週はどうですか?』と代替案を出してくるものです。
ここが見極めポイントです。

◆職場で出会った相手の場合◆

これは難易度が意外と高いです。下手に聞いて噂が広まりでもしたら厄介です。
職場恋愛は飲み会などで普通にみんなで交換する流れになったら交換するか、給湯室などで会話し、仲良くなったら『飲みに行きましょう』とか言って、そこから『連絡先聞いてもいいですか?』と伝えるのが自然です。

給湯室などで話すチャンスがないなら、相手が1人でランチに出るタイミング、もしくはグループでランチに出るタイミングを狙って『一緒にランチ行きませんか?』と声をかけて距離を詰めるのもありです。

◆クラブやBarの場合◆

ある程度会話をしたら『連絡先交換しませんか?』とストレートに言ってOKです。
クラブやBarでの出会いは先に繋がらない(けっきょく2回目に会うこともない)出会いがとても多いので、ダメでも気にしないくらいの感覚でサラッと聞いちゃいましょう。

普通ならそれで教えてくれます。
そのあと2回目会えるかどうかは、男性側のやる気が重要になります。

◆マッチングアプリの場合◆

マッチングアプリの場合は、マッチング直後の段階で『LINE交換しましょ』と言うと、チャラいとかがっついていると思われてマイナスに働く場合があります。

ある程度はマッチングアプリ内のメッセージ機能でのやり取りをしましょう。
仕事のこと、趣味のこと、休日は何をしているかなど。合コンでよく話題に出るようなあたりさわりない内容をメッセージでやり取りしたくらいのタイミングで、デートに誘い、相手が乗り気なら『LINEで連絡取っても大丈夫ですか?』と聞いてみましょう。

そこまで進めば大抵の女性はLINEを教えてくれますが、中にはデートしてからというガードが堅い女性もいます。
その場合はあまり気にせず、デートして互いに話が合うと感じたらLINEを交換すれば良いです。

マッチングアプリ経由の場合、とりあえず連絡を取る手段がある状態なので、焦ってLINEを交換しようとしないスマート感があったほうが好印象に繋がる可能性があります。

男女の恋愛観の違い

男女の恋愛観の大きな違いは、盛り上がるタイミングです。

男性は好きになってから手に入れるまでが恋愛モードのピークです。
女性はだんだんと好きになります。(交際が始まってからのほうが好き度が増していく)

熱するタイミングに男女のずれがあります。

この違いは恋人同士の努力により乗り越えていくものですが、付き合う前の段階で利用するならじっくり関係を作る覚悟を持つことです。
デートに手を抜かず、少しずつ距離を縮めていきましょう。

『3回目』のデートが告白の目安になるとご紹介しましたが、女性の場合は付き合ってからが恋愛の本番です。
告白が成功して、男性側の燃え上がりが落ち着いたとしても、しばらくは彼女をお姫様扱いして盛り上げていきましょう。

告白の方法

告白の方法

告白の方法は、言葉で伝えることが大切です。

LINEや電話では言わないほうが良いでしょう。
実際会っているときに向き合って伝えましょう。

電車での移動中や駅のホームのような他の人もいる場所での告白よりは、2人きりだけの時、もしくは周りに人がいてもおしゃれでロマンチックな雰囲気のあるレストランで伝えましょう。

シンプルイズベストです。

女性は言葉にしてもらうと喜ぶ生き物です。
『好き』『付き合って欲しい』と長すぎない言葉で伝えましょう。

デートのモテ作法

デートのモテ作法

デートするときは、男性が車道側を歩き、レストランでは女性を先に着席させるというレディーファーストが支持されます。

あとは女性が歩くスピードや行動するスピードに合わせてあげましょう。
男性のほうが背が高いことが多いので、必然的に男性のほうが足が長く歩幅が広いです。また女性はヒールを履いていると大股歩きできないので、スタスタ歩かずに、歩くペースを女性に合わせてあげましょう。

レディーファーストと気遣い!これで好印象です。

心理学で、同じ行動をすると好印象を持ちやすいと知られています。
女の子がグラスを手に取ったときに、自分もグラスを手に取り同じタイミングで飲むのが◎

基本的には女の子側に合わせてあげると、デートでモテやすいです。

近年は毒舌やS系男子がブームではありますが、付き合うまでの過程としてみると実は女性はあまり望んでいません。
またSと、威圧的な態度や暴言を履き違えている男性もいます。
礼儀正しく接することで、女の子側からは信用してもらいやすくなります。

ジョークだとしてもくれぐれも毒舌を言い過ぎないようにしましょう。
ジョークで毒舌を使うときには、ノリの良い系女子ならOKではありますが、外見のことを言うとその場では笑顔でいてくれてもほとんどの女性が傷つくので要注意です。

『まとめ』彼女を作って楽しい経験を重ねよう!

今回は、20代、30代、社会人、大学生、高校生、中学生別の彼女の作り方と、彼女を作るために意識したいことを中心にご紹介しました。

彼女を作るときに大切なのは、ダメでも落ち込まないことです。
彼女を作れないという男性は繊細な方が多いです。振られたら過剰に傷付いてしまうので、心を守るために踏み出せないという場合もあります。

恋愛で何度失敗したとしても、別の個人の否定には繋がりません。
単純に相性が悪くて上手くいかなかっただけです。

数打てば当たるという言葉もある通り、とにかく積極的に出会いコミュニケーションを取りましょう。何度か繰り返していると、だんだん慣れてきて『ここではこう言えば良い』的な、自分と相性の良いアピール方法も確立できるようになるものです。

素敵な出会いを目指しましょう!
彼女がいれば出掛けられる範囲も増えて、支え合える相手もできて毎日はきっともっと楽しくなるはずです!