ネットを通じての出会いは珍しくなくなり、真剣交際に発展したり結婚したりするカップルも登場!

若者の出会いの方法で『ネット』が上位に来る時代なので、これから恋人や友達が欲しくて出会い系サイトを検討している方は多いのではないでしょうか。

珍しくない出会い方になったとはいえ、ネットだからこそ心配なことといえば『サクラ』や『業者』ですよね。
今回はサクラや業者を見分ける方法や、サクラがいない優良サイトをご紹介します!

出会い系アプリおすすめランキング。安全な出会いマッチングアプリはこれだ!

出会い系でサクラ&業者を見分ける方法。この発言には気をつけろ!

出会い系のサクラがプロフィールに記載する内容や送ってくるメールの文章は、バラバラではありますが土台にはある程度共通点があります。

サクラの場合は、『相手は誰でも良い』という軽い感じをアピールしている女の子か、『自分と関わるとこんなメリットがある』という感じでエサをぶらさげて釣ろうとする女の子が多いです。

出会い系サイトに登録する方の中には、確かに誰でも良いから遊びたいと考えている肉食系もいます。そのような方とサクラを見極めるのはけっこう難易度が高いですが、出会い系初心者のうちは『怪しい?』と感じたら避けるのが無難です。

エサをぶらさげて釣るというのは具体的にどういうことかというと!

例えば『財産をあげたい』とか『マンションを持ってるから、会ってみて気が合ったら住んで良い』とか、大規模なプレゼントをちらつかせることです。

この大規模なプレゼント系は、男性向けのサクラ、女性向けのサクラ、どちらでもよくあります。

ちなみに今はバラエティー番組でも取り上げられるくらいパパ活がブーム化しています。
パパ活ではご飯をご馳走してもらえるなど、女の子側はメリットを感じられます。

出会い系サイトにはパパ活希望の女の子も登録しているケースがあります。パパ活希望の女の子と出会いたい『本物の会員』が、上記のようなワードを述べて目的が合う子を探そうとしている可能性ゼロではありません(つまりサクラではない可能性もあるといえばあります)

とはいえ会ってもない段階でそこまで大規模なプレゼントをあげたい的な話は、しないのが一般的ですよね。やっぱり不自然です。

仮に本当の話だった場合は超もったいないですが、やはり出会い系初心者のうちは関わらないのが無難です。

出会い系にいる『サクラ』って何?

そもそも『サクラ』とは何かというと、出会い系サイト側が雇っている『会員のフリをしている人』のことです。
会員のフリをして、本物の会員にアプローチしたりメールのやり取りをしたりします。

そこにどんなメリットがあるのかというと、出会い系サイトは基本的に課金してメールのやり取りをする仕様なので、メールを引き延ばしてお金を使わせることができるということ。

とはいえサクラがいる出会い系といない出会い系があります。
大手で有名&人気のところは基本的に『いない』と考えて良いです。

最近はネットの出会いブームもあって、ネットでの出会いが日の目を浴びているからこそサクラにはとても厳しい目が向けられます。
人気のある出会い系サイトはわざわざそんなサクラを導入してもメリットがないので、導入しません。

サクラが怖い方は、人気のある出会い系サイトで始めるのが良いでしょう。

下記では出会い系サイトを利用するにあたり知っておきたい注意点や、『こういうのがサクラ』というテンプレ的なものについて1つずつ解説していきます!

出会いのハードルが異常に低い!プロフィ―ルで誰でもOK的な女子に注意

まず『サクラの可能性大』として注意したいのが、出会いのハードルが異常に低い女の子です。

具体的には、出会い系サイトのプロフィール欄に『寂しいからすぐに会いたい』『即会いOK』『絶対返信します』『見た目の好みはありません』『誰でも良いから慰めて』みたいなことを書いている女の子のこと。

『人間』単位で見たときに、男性より女性のほうが肉体関係を持てる相手の許容範囲が狭いと言われています。
それにも関わらず出会いのハードルが異常に低いなら、まずは下記に分類できる可能性が出てきます。

  • 本当に誰でも良いから会いたいくらい飢えている、または出会い系サイト内での自分の注目度を高めたい
  • そういう性的趣向がある変態気質
  • カモを探すサクラ

性的趣向は様々なので、本当にそういう淫乱系の女の子もいることにはいますが、淫乱系のネタは男性を誘惑して注目させやすいので、サクラもそのような態度を武器にしてアピールしてくる傾向があります。

見極めに自信がない初心者のうちは、仮に写真などが好みのタイプだとしても関わらないほうが安心です。

男性は本能的にエロに引っかかりやすく、それは仕方ありません。男性心を弄ぶサクラはけしからん存在ですが、よくよくメールを見ていると本物の会員で淫乱系の女の子と、サクラの淫乱演技は雰囲気の違いがわかるようになっていきます。

即デートやLINEに誘ってきつつメールを長引かせる女子は怪しい

プロフィール欄に『即会いOK』的なことを書いているサクラ疑惑のある女の子でも、そのようなことは一切書いていなくてサクラではない普通の女の子のように見受けられる場合でも。メールを始めてから下記の対応をされると怪しさがグッとアップします。

それは『不必要にメールを長引かせる』ということ。

長引かせ方は『オウム返し的な内容で返信』『短文すぎる内容で細かく送ってくる』『途中で予定を変えたりスケジュールの提案をやり直したりしてくる』という感じです。

例を挙げるなら!『〇〇っていう理由で、△△が好きなんだ』という感じで、趣味の話やら好きな食べ物の話やらを、きちんと理由も含めて伝えたとします。しかし(理由まで説明したにも関わらず)『〇〇で△△が好きなの?』と、繰り返すというか内容をオウム返し的に返信してくる女の子は怪しいです。

普通なら『自分の場合はどうか』について返信してきたり、別の切り口から質問をしてきたりしますが、そうではないならサクラの可能性が高いので要注意。

ただし本当にサクラではなく、会話の流れでそういう返し方をするクセがある普通の女の子という可能性もあるので、迷ったときは2回目3回目同じことが繰り返されるか確認してから判断するようにしましょう。

また、1つの会話の流れを細かく分割して返信してきて、自分側も何度も返信しなければいけない展開にしてくる女の子も要注意。

例えば『ラーメンが好きなんだ?何味が好き?私は塩ラーメンだよ♪』という感じで、女の子側のターンが1メール内で完了する内容になっているのは自然ですよね?

それに対し『ラーメンが好きなんだ?』『何味が好き?』『私は塩ラーメンなんだよね』と、あえて細かく分割して送信してきて、都度返信が必要な感じにしてきたり、妙に会話を引き延ばしていたりする場合はサクラの可能性があります。

あとはメールでデートの誘いをしてみたら、乗り気にも関わらず『シフトがまだ出てないんだ』と、約束日を決めてくれなかったり、何かしら理由をつけてスケジュールが分からないから決められないと言い続けたりする女の子も怪しいです。

そしてさんざん引き延ばしがあった後にようやく約束日が決まり、その日が近くなってから『やっぱりその日ダメになったから別の日にしてもいい?』と言ってくる女の子もサクラっぽいです。

ここ最近では、すぐにLINE交換ができる感じを演出して男性に興味を抱かせ、実際に出会い系サイト内でメールを始めてみると『LINEが使えなくなっている』などの理由を付けて出会い系サイト内のメール機能でやり取りを求め続けるというサクラもいるようです。

————————-

また、出会い系サイトの女の子で『ここからLINEを追加して』などと言って別サイトに誘導してくるというケースもあるようですが、これはサクラではなく業者です。

LINEといえばQRコードや、IDでの交換が定番ですよね?
それを若者の女の子が、わざわざ別サイトから登録しろとメールしてくるのはおかしいですよね。

LINEをきちんと、出会い系サイトのメール内でわかるように教えてくれるかどうかも、普通の会員とそうじゃない会員を見極める基準になります。

ファーストメールが怪しい女の子には気をつけて

サクラというのは機械が自動返信をしているわけではありません。人間が『出会い系サイトに登録している女の子を演じている』わけなので、文章はもちろん相手が都度、直に入力してメールしてきます。

そのためサクラによってファーストメールの文章は様々ではありますが、共通して男性に興味を持たせる系の内容が基本になります。

例えばファーストメールからいきなり長文で官能的なことを送ってきたり(コピペで他の会員にも同じ文章を使っている可能性あり)
とても長く細かい自己紹介を送ってきたり。

見極めるには、とりあえず不自然な長文×官能的or寂しいor会いたいアピールがあるかどうかに注目しましょう。

ファーストメールでわからない、判断できないときには数通メールのやり取りを重ねて見極めるのもありです。

会話がかみ合わないのや他のサイトに誘導してくるのは怪しい

メールでの会話が噛み合わない女の子も怪しいです。

質問していることをなんだかんだはぐらかし続ける、質問はスルーして話題を切り替えてくる、自分の話ばかりしてくるなどです。

サクラの場合は出会い系サイト内で課金させるのが目的なので、別サイトへの誘導は滅多にないですが(誘導するのはサクラではなく業者)万が一別サイトへ誘導があったら要注意。そのサイトが何のサイトか確信を持てないときにはアクセスしないのが安心です。

妙にエロネタで誘ってくる

妙にエロネタで誘ってくる女の子には注意しましょう。

そういう感じでアピールしてくる本物の会員も、いることにはいます。しかし会ってもいない段階かつ、まだお互いの目的(恋人が欲しいのかセフレが欲しいのか)などを確認し合っていない段階で生々しいエロネタで誘いをかけてくる女の子には警戒しましょう。

出会い系サイトの中にはアダルト版(アダルト掲示板)があるところもあるので、そういうところだとエロネタを振られても100%怪しいとはいえず、サクラかどうかの判断は難しいところですが、基本的にサクラの場合は『こちらの意志を無視』or『話を聞いてくれない』というのがあります。

別の話題にしようと質問してもひたすらエロネタに軌道修正してきたり、自分の話をしても聞いてくれなくてエロネタを通してきたり。このような場合は怪しいです。

アダルト版で大人の関係になれる相手を探している女の子なら、さすがに男性側に好かれようとするのが自然です。好かれようとするなら、会話のキャッチボールを重視してコミュニケーションを取るというのは、誰しもがすることですが、サクラは別に好かれたくてやっているわけではないので突き抜けた対応になりやすいです。

コミュニケーションを取ることでサクラ感はだいたいわかります。

サクラだけではない?他にもいる出会い系サイトの注意すべき存在

出会い系サイトを利用するうえで避けたいサクラという存在。出会い系サイトによっては、サクラ以外にも警戒したい存在がいるケースがあります。

◆サクラ以外に警戒したい存在◆

  • 業者
  • マルチ
  • ビジネス勧誘
  • キャッシュバッカー

出会い系サイト側が配置する存在であるサクラについては、人気の優良出会い系サイトなら存在しないので安心できます。

しかしそれ以外、上記でピックアップした存在については出会い系サイト側とは一切関係ない存在なので、どんな優良出会い系サイトにも紛れ込む可能性があります。

優良出会い系サイトは、そのような存在について自主的なサイト内パトロールで対応したり、会員からの通報で対応したりしています。とはいえ特徴上100%排除することはなかなか難しいようです。

下記ではサクラ以外に警戒したい存在について1つずつ詳しく確認していきましょう。

『業者』は優良サイトや有名サイトにも素人のフリをして紛れ込んでいる

サクラ以外で注意したいのが『業者』です。

業者とは何かというと、例えばデリヘルの営業だったり、ぼったくりバーへの誘導だったりです。

本物の会員のフリをしてメールのやり取りを行い、ホテルで会う話をまとめるなどした後、結果的にデリヘル嬢が来るという場合もあれば、デートの場所を指定し、『ここから予約して』とURLを送ってきて、その通りにするとその店はぼったくりバーやレストランだった的な場合もあります。

業者は出会い系サイト側とは一切関係ありません。
出会い系サイトにいる出会いを求めている会員を狙っています。

出会い系サイトを大人の関係を目的として利用する男性は、基本的に『素人の女の子』と出会いたかったり『デリヘルより安くそういうことをしたい』『継続してそういうことをできる相手が欲しい』と考えていたりしますよね。

出会い系サイトの出会いとデリヘルの出会いはまた路線が違うので、できれば引っ掛かりたくないものですよね。

業者を避けるにはどうしたら良いかというと、見極め方は基本的サクラの場合と同じです。
業者も興味関心を持ってもらいたがっているので、男性を引き付けるための文章を使用する傾向があります。

また業者の場合は出会い系サイト内のメールから別サイトへ誘導したり、デート場所を指定して予約させたりします。そのような、素人の女の子ならあまりしなさそうなことを、慣れている感じでする女の子は業者の可能性があります。

ちなみにサクラと違って業者は、早めに話をまとめようとするのが特徴です。

サクラ⇒ 話を長引かせたがる
業者⇒ 話を早くまとめたがる

サクラと業者は、似ているようで全然違う背景があります。

業者がどうやって話をまとめようとするのかというと、『即会いたい』的な流れから会うための手段として別サイトへ誘導したり、(業者の内容によっては)デートの話をまとめたりします。

サクラと反対だから、見極めが難しいのかというと、実はそんなことはありません。
やはり業者もサクラと同じように『メールをよくよく見ると、なんだか素人じゃない』感があります。

また、サクラも業者も基本的にプロフィール写真が超カワイイor美人なことが多いです。
時々、明らかに宣材写真っぽい高画質の顔写真やセクシーな写真を使用していることも。

そういう女の子が出会い系を利用しているケースももちろんありますが、スマホの自撮りではなく第三者が撮影したと思われる妙にキレイな画質の写真はけっこう怪しいです。
自撮りは多くの女子が普通にしていますが、そんなキレイな画質の写真を第三者に撮影してもらう女の子は超少数派です。

業者を見極めるときにはプロフィール写真にも注目しましょう。

明らかにモデル、女優レベルの美貌の持ち主もちょっと怪しいです。プロフィール写真はなんとなく業者を予想するための良い判断アイテムになります。

デートしてみたら彼氏とかには興味がないと言って誘いをかけてくる『マルチ』

出会い系サイトを利用する前に、利用を検討している方の間でよく心配の種として挙がるのがサクラと業者です。

サクラと業者はよくよく見ていると違和感があるので見極めができますが、厄介度が高いのが出会い系サイトに潜むマルチ系の会員です。これは本当に一般の人(素人)です。
そのためサクラや業者が持っていることが多いメールや会話のクセのようなものが滅多に出てこないのが特徴です。

プロフィール写真もメールでの接し方もけっこう素人っぽく、最初はわかりづらいです。

しかし彼らにはわかりやすい『要素』があります。その1つは、出会い系サイトにいながら『恋愛路線ではない』ということを妙に強調してくることです。

『恋愛路線ではない』という強調は、メールでのやり取りの段階からしてくるケースもあれば、実際にデートで食事している最中の会話で強調してくるケースもあります。

またいきなり夢を語ったり、自分自身を成長させてくれた『旅行』『出会い』についてキラキラと語ってきたり、『ポジティブなこと』ばかりを言ってくるケースもとても多いです。

プライベートについては10人以上とかの大人数で集まりパーティーをしたりBBQをしたりという楽しい話をしてきて『仲間が大切』『自分には信頼できる友達がたくさんいる』的なアピールをしてくるケースもあります。

マルチの種類や商材も色々ではありますが、彼らが出会い系サイトに出没して何をしたいのかというと『一緒に活動する(もしくは自分の下で頑張ってくれる)仲間を見つけること』=勧誘なので、恋人探しやセフレ探しではありません。

そこでマルチも2種類に分かれます。

  • 『人脈探し』や『社会勉強』で出会い系サイトに登録したと言い張り、自身の良い経験で引き付けて興味を持ってもらおうとするタイプ
  • セフレ探しや恋人探しをしている『フリ』をして興味関心を引かせ、実際会うところまで持って行こうとするタイプ

どちらのタイプだとしても、恋人やセフレになってくれる可能性は低いです。
中には関わっているうちに恋人やセフレになってくれるマルチの方もいるようですが、当初の目的が違う以上、それを覆すのは至難の業です。

マルチの方にはカワイイ子、美人な子、おしゃれでオーラがある子もけっこう多いので普通に出会えていたら気になる存在ではありますが、勧誘に興味が持てないなら出会い系サイト上では深入りしないのがベストです。

————————-

◆マルチ見極めワードはこれだ!◆

『今は恋愛に興味がないんで』
『友達がいるから寂しくない。まだ彼氏はいらないと思っている』
『今の自分じゃ素敵な男性に選ばれないから、勉強して自分磨きをしている』

『〇〇(外国名)を旅して人生観が変わった』
『世界一周旅行をしてきて人生観が変わった』+『行動的になったほうがいい』系のワード

『20人(とにかく普通の友達グループではなさそうな大人数)で集まってパーティーをした(もしくはスポーツ大会やBBQなど)』=友達に恵まれているアピール+リア充アピール

『不労収入があると好きなことができる』
『会社員って損していると思う』

————————-

一番分かりやすいのは『恋人もセフレも求めていないアピール』をしてくるマルチの方です。

出会い系サイトで出会った相手にそんなことを言われても、男性としては『出会い系サイトを利用する意味なくない?』という感じですよね。
このタイプは場違いな違和感を放つので、だいたい事前に気付くことができます。

ちなみに出会い系サイト上級者になると、あえてそういう子とメールを重ねて落とすことを楽しむ方もいるようです。

ここまでご紹介した内容を確認すると『出会い系サイトって怖い』と感じた方もいるかもしれませんが、近年では出会い系サイトではない出会いの場でも、マルチが紛れ込んでいて勧誘をされるというのは珍しくありません。

よく言われるのが合コン、街コン、クラブ、リーズナブルを売りにしていて若者が集まるBar、パーティー。このような場でも出会いを探す参加者のフリをして紛れ込んだマルチに勧誘されることはあります。
つまり勧誘はどこにでもあります。仕方ありません。『出会い系サイトだから』ということではありません。

理想の出会いを求めるなら、『こういう人は今時どこにでもいる』と認識して、上手く見極めとスルーをするようになりましょう。

ちなみに今回は『出会い系サイト』を視点に当てているので詳しく解説はしていますが、出会い系サイトを利用するうえではマルチはたまにいるくらいのレベルです。

マルチにとって出会い系サイトは、最初から実際に対面できて口頭でアピールできる合コンや街コンなどの出会い方より非効率なので、やはりマルチも合コンや街コンのほうを重視する傾向があるからです。

出会い系サイトでしょっちゅう見かけることはないかなと予想できます。

出会い系サイトの場合は、むしろ今時は業者の出没率に注意が必要です。

意識高い系アピールで誘いをかけてくるビジネス勧誘は詐欺系もあり

マルチに似ている存在ですが、ビジネス勧誘も、出会い系サイトの中で時々出没する存在です。

ビジネス勧誘は商材が少し変わり、投資や実質的な商品購入に勧誘してきます。
マルチの場合はどちらかというと『仲間になる』『一緒に頑張ろう』という温かさを持って接してくれるので(しかも本人には悪気がなく本当に善意のことがとても多い)

シンプルに関わる分にはマルチの方のほうが無害な傾向があります。

それに対しビジネス勧誘は商売人と顧客のような構造が、よりはっきりとした関係性なので、対等感はなく何だか上から目線で接せられたりカリスマ的なアピールをされたりしやすいです。

投資系は詐欺の可能性もあります。仮に内容が本当に良い案件だったとしても、出会い系サイトで知り合った相手には任せないほうが安心でしょう。

マルチも意識が高い方が多いですが、ビジネス勧誘のほうが『個人のカリスマ性で凄いと思わせて人の関心を集める』という傾向があるので、意識の高さがずば抜けているケースがほとんどです。

————————-

◆ビジネス勧誘見極めワードはこれだ!◆

『自分は投資で〇〇円稼いだ』
『経済的に不安な今、投資はしておいたほうがいい』
『〇〇の社長と知り合い(パーティーにも呼んでもらったなど)』
『芸能人の〇〇くんとも知り合い』
『好きなときに旅行に行って、ノマドで時間もお金も自由に暮らせている』

————————-

こういう感じのワードには注意が必要!
普通の社会人でも、自慢したい性格をしていてこういうことを居酒屋でペラペラと話してしまう方はいますが、普通なら出会い系サイトでは言わないですよね。どう考えても場所が話の内容にそぐわないです。

心理学では、人間は弱みを見せられると、相手に対して安心したり親近感を持ったりすると言われています。
また自分と共通点のある相手には親しみの感情を持ちやすいようです。

ということでビジネス勧誘では、自分がいかにダメだったかを語ったうえで『今はこんなに稼いでいる』的な、生まれ変わって得たカリスマ性をアピールするケースが多いです。

『新卒で入った会社ではダメダメだったけど、今では年商1億で~』とか『引きこもっていて辛かったけど、変わった』とかです。

実際そのような苦労を経験した方もいるだろうし、ビジネス勧誘とはいえ本当に良い商材もあるのかもしれません。
しかし頭に入れておきたいのは『経歴は簡単に嘘を吐ける』ということです。

ネット上なら本名ではない可能性、経歴も噓っぱちな可能性はあります。

ビジネス勧誘はワンマンでカリスマアピール系多し。仮に、その相手にカリスマ性があり惹かれてしまったとしても最初から全てを信じないようにしましょう。

そして出会い系サイトで勧誘してくるのはやはりおかしいので、引っかからないようにしましょう。

キャッシュバッカーは一生懸命メールを長引かせる

マルチ、ビジネス勧誘に近い存在で、注意したいのが『キャッシュバッカー』です。

キャッシュバッカーとは、サクラでも業者でもない普通の会員ですが、出会い系サイトのキャッシュバックを目当てに利用している一部の層のことです。

出会い系サイトの中にはキャッシュバック機能があるものもあります。
メールをしたり電話をしたり、何かが閲覧されたりするとポイント的なものが貯まり、一定数貯まると電子マネーにチャージできるなど。

このような機能は、真剣に出会いを探している会員の活動を楽しくするためにありがたいものですが、それを目当てに登録している会員も出てくる可能性はあります。

キャッシュバッカーはキャッシュバックを目指して一生懸命メールのやり取りを長引かせたり、出会い系サイトの電話機能を利用させようとしたりします。
サクラと同じで『妙に引っ張ろうとする』感じの会員は怪しいです。

すぐに電話機能などの課金率が高いコミュニケーションを求めてくる女の子や、プロフィールや日記をとにかくエロ系に走らせて男性の関心を集めたがっている、出会いのハードルが低すぎるように見える女の子も要注意。

とはいえキャッシュバッカーはサクラでも業者でもなく本当に普通の会員であることは事実なので、コミュニケーションを取っているうちに親しくなり実際に会えることは意外と珍しくないようです。

キャッシュバッカーっぽいけど超好みの相手!という場合には、アプローチしてみるのも……ありかも?

本当に出会いを求めている女子と出会うには、超美形や超エロ系はよくよく観察

ここまで解説した内容を見るだけだと『出会い系サイトの出会いって難しいの?』という感じですが、そんなことはありません。
サクラや業者などの面に視点を当てたから、よくありそうに見えてしまいますが、優良出会い系サイトはサクラを使っていません。そしてサイト内の管理をしっかり行っているので業者も規制して数は少なくなっています。

合コンや街コンやクラブで出会ったところで、勧誘やお金目的やマルチに出会う可能性はあるので、この辺りは見極めさえきちんとできているなら安心して利用できます。

本当に出会いを求めている女の子と出会うには、超美形や超エロ系の会員はよくよく確認してからアプローチすることです。
超カワイイ子や超美人な子と出会ってムフフな関係になりたいのは、きっとほとんどの男性が同じです。だからこそサクラや業者はそのような女の子の写真を使うことがあります。

実際に写真そのままで普通の会員というケースもあるので、見極めはきちんと行いたいところ。
見極めるにはプロフィールの文章の内容が重要。出会い系サイトでは日記機能や掲示板機能もあるので、そちらもきちんと読んで、怪しくないか確認するのがベストです。

特に日記機能系は見極め時に役に立つうえに、その女の子の好みや性格的なものも分かりやすいので便利です。

プロフィールを登録していないのにメールで誘ってくる女子は怪しい

サクラ、業者の場合によくあることですが、まだプロフィールの写真や文章を登録していない段階(つまり出会い系サイトに登録した直後くらいのタイミング)でメールをしてきて、『会おう』とか『興味を持った』と送ってくる女の子は怪しさがあります。

普通、メールのやり取りをする相手はプロフィールを見て選びますよね。100人も200人も同時にやり取りをするのは難しいので、自分と相性の良さそうな会員を探します。相性の良さそうな会員を探すには、相手のプロフィールの文章を確認しなければいけません。

まだ何も登録していない相手を『自分と相性が良さそう』と思うものでしょうか?

ということで、まだ何も登録していないときにメールをもらったら、怪しいと判断してスルーするのもありです。

サクラが怖い!サクラ無しで運営している出会い系&マッチングアプリは?

サクラ無しで運営されている出会い系サイト&マッチングアプリといえば、やはりCMでもやっているような有名かつ優良なところです。
有名なところはクリーンで、真剣な出会いを求めている出会い系サイトやマッチングアプリのバージン層もたくさんいます。

下記ではサクラ無しのおすすめ出会い系サイト&マッチングアプリをピックアップしてみました!

◆出会い系サイト◆

  • PCMAX(カワイイ子&美女率高め)
  • ワクワクメール(セフレ募集の子も多い)

◆マッチングアプリ◆

  • ペアーズ(恋活~婚活まで対応、カワイイ子&美女率高め)
  • タップル誕生(若年層多し!気軽な出会いを求めたいときにも便利)
  • With(相性の良い相手を探せる!男女から高評価)

どれも有名どころです。

Pairs(ペアーズ)の料金プランを男女別に大解説!課金から解約方法まで完全網羅!

出会い系サイト=サクラが多いというイメージを持っている方もいるかもしれませんが、近年のネット経由の出会いの定着化もあり、評判を落とす可能性があるサクラは優良出会い系サイトほど避けたがるものです。

サクラが怖いなら有名どころを狙って出会いを求めるのがベストです。

『まとめ』サクラがいない安心のサービスで出会おう

今回の記事では『サクラ』や『業者』など、出会い系サイトを利用するうえで避けたい存在に視点を当てて、特徴や見極め方法をご紹介しました。

出会い系サイト経由の出会いも珍しくないので、相性の良い相手、理想の相手と出会い系サイト経由で出会える確率も上がっています。普通に暮らしていると出会うことはなかったはずの相手と出会える(運命を作り出せる)のも出会い系サイトの良いところです。

出会い系サイトで出会いを求めたくなったら!安心の優良サイトを利用しましょう!